「食べなきゃ痩せる」は本当だった!健康的に痩せる方法!

食べなきゃ痩せるというのは本当でした……ダイエットに関心のある人必見です!しかしダイエットして身体を壊していたらよくありませんので、健康的に痩せたい方でダイエットをしたいけど出来ないなんて人はぜひ目を通して下さいね。

食べなきゃ痩せるは本当なのか?

考えてみて下さい。食べないでいるということは自分の身体の中に入ってくる食物がないということですから太る理由がありません。塩分の取り過ぎによりむくみで太る原因を自ら作ってしまっている人以外は、食べないことで痩せるのは当たり前のことなのです。

その理由とは?

食べなけば痩せるのは理にかなっていますよね。摂取するものがなければ体積も増えることもないという考えです。ただ食べてないのに痩せないという方は食事の仕方を間違えている可能性も否定できません。

1日一回は必ず食べるべき

よく1日食べずにいるという人もいますよね?確かにそうではあるのですが、栄養的な面からいってもやるべきではないでしょう。食べないでいるということは身体に必要な栄養が入ってこないということと同じです。食べないことで栄養失調になってしまうとその反動で食べて太ってしまうというのはよく聞く話です。

食物繊維は積極的に取ろう!

食物繊維は腸内環境を整えてくれるのでオススメです。腸の環境が良いとお通じがよくなり、便秘の解消にも繋がります。そもそも便秘になると不要なものが身体の中に溜まり、うまく排出できていない状態になります。これが太る原因になってしまいかねないので、いつでも綺麗な腸でいることがダイエットには近道と言えるでしょう。

食事を抜くと何キロ痩せる?

女性ですと1日で約1,400キロ〜1,600キロ程度のカロリーをとっています。これを抜いたとすればこれを単純に抜くと少なく見積もっても1,400キロカロリー×30日で42,000キロカロリーです。1キロ体重を落とすのに必要なのはおおよそ7,000キロカロリーと言われていますから30日間食事を抜いたと仮定すると6キロ程度のダイエットが出来るわけです。ただ30日食事を抜くわけにもいきませんから半分抜いたとして21,000キロカロリーで3キロ程痩せていくのが理想でしょうか。

脂肪がどこについているかで大きく変わる

脂肪がつく場所によっても体重に大きく変化が出てくると言われています。多く言われるのが内臓脂肪です。読んで字の如く内蔵の周りについてしまう脂肪のことですが、これは高カロリーなものを食べ過ぎたり、普段の生活習慣から増えていってしまいます。落とす方法は簡単で、運動と食事制限です。この2つをしっかり行って内蔵脂肪を減らせば、それを覆っている皮下脂肪(あなたの目に見えている脂肪)も減りやすくなりダイエットがしやすくなるというわけです。逆に内臓脂肪がつかない内臓から離れている部分でもある腕や足、顔の脂肪は落ちやすいのです。

約3日で効果が出ることが多い

1日一回の食事を3日続けることで効果が出やすくなると言われています。よくファスティング(断食)で3日断食という言葉を聞くこともあるかと思いますが、無理なく続けられて効果が出やすいのが3日というわけです。ただ3日食べないでいることが辛くて耐えられないので、腸内も綺麗にしてくれてほどほどのカロリーも摂取できる酵素ドリンクを利用しながらダイエットをするのが好ましいでしょう。

タモリも実践「3分我慢」とは?

あのタモリさんがオススメする3分我慢とは、食べたくても3分だけは我慢するということを続ければその欲がなくなってくるというもので、ダイエットにはもってこいの方法なようです。タモリさんの場合はタバコの禁煙に役立てたそうですが、それはいかなる欲の場合でも同じなので食欲を抑えたい時にも有効であると言えるでしょう。

タモリの「3分我慢」は、食欲を和らげる効果が!

まず食べたいと思ってもそれを3分だけ我慢してみて下さい。不思議と我慢してみると継続できてしまうのでそのまま食べなくても平気でいられることができます。子供なら3分我慢するのも一苦労ですけど、大人になれば3分ぐらいの我慢なんてすぐに実践できてしまいますよね。

「食べない」は単純だけど効果的!

よく◯◯ダイエットという言葉を耳にします。要はカロリーの低いものを食べてダイエットをしましょう!ということです。その中でもやはり食べないということは一番効率が良いと思われます。食べないことの反動でバカ食いしてしまってはリバウンドしてしまうことも考えられますので、食べないようにした後の行動が求められてくるでしょう。

1日一食がベスト!

1日一食、これが本格的にダイエットをする上で最もベストな方法です。例えば1日に1,400キロカロリーを摂取していたとして、朝、昼の2食を抜いとすれば単純に800キロカロリー以上は抑えられるということです。これを30日ある月に換算すると24,000キロ以上になります。体重を1キロ減らすのに7,000キロカロリーが必要と言われていますので計算すると月に3キロ程度の体重を落とすことができますよ。

栄養バランスのいい1食を心掛ける!

とは言っても食事をとらないで病気になってしまってはいけません。何事も食べ過ぎ、食べなさ過ぎは良くないのです。食べないことでダイエットを心掛けるのであれば食事のメニューに気を遣って下さい。エネルギー、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルといったそれぞれの必要な栄養素をバランスよくとっていくことで健康的なダイエットをすることが出来るようになってくるでしょう。

食べなければ痩せるのは当たり前?

食べなければ痩せるのは当然であり、ダイエットには需要な項目です。

食べない分脂肪はつきにくい

食べれば食べるほど脂肪はついてきます。食べるのが早い人と遅い人でも太るのには関係性があり、食べるのが早いほど消化のスピードが遅くなり脂肪になりやすいようです。少しの食事でもゆっくり味わって食べることが脂肪をつけにくくするポイントになってくるでしょう。

胃が小さくなり、食欲が落ちて小食に

食べればそれだけ胃袋も膨れてしまいます。胃が大きくなればお分かりの通り、満腹感に達するまでに時間がかかり必要以上に食べてしまうということが懸念されます。それを防ぐために食事をしないことで胃袋を小さくしておけば少ない食事でも満足感を得られるようになるのです。

下半身の脂肪を落とす効果も!

食事を抜くことと下半身はあまり関係性がないようにも思われていますが、トータルで見ると下半身の脂肪を落とすことにも繋がっているようです。

下半身は痩せやすい?

下半身太りの原因は主にセルライトからなるものが多いようです。どうして下半身にセルライトがついてしまうのかというとそれは塩分、糖分の取り過ぎということが言えるでしょう。塩分やと糖分を摂ると水が欲しくなるので、血流が悪いところに水が流れるとそれが下半身太りになります。甘いものや塩分を含むものを食べないことが太らないことには重要でしょう。

食べずに健康的に痩せましょう!

ダイエットに成功している人は食事の制限をしっかりとかけています。ただそれは単純に食事を抜くだけではなく、自分が健康でいられるような食事の仕方をしていることがよく分かります。本気でダイエットを始めたい方は上記でも紹介したファスティングや食事をするようにしてもよいかもしれませんよ。