吐いて痩せるのは危険??吐くと痩せるは間違いだった

「吐けば痩せるんじゃない?」そんなことを思った事ありませんか?だって食べたことを無かったことにできるから!でも「吐く」ダイエットには大きな危険が潜んでいるんです。知っておくべきその危険性を、私の実体験も交えてお伝えします。

なんで吐くと痩せるの?

もともと体重が100kgあった私は、運動するのがとてもツラかったんです。体は重く、周囲の目も気になりました。そんな時、体調が悪くて食事を吐いてしまうことが数日続いて、体重が減ったんです。食べることをやめずに、しかも運動もせずに痩せられるのなら、こんな楽なことはない!と思ってしまいましたが、後々それが間違いだと思い知ることに・・・。

 

そもそも一度食べたものを吐けば、痩せられるのはなぜでしょう。

吐くことにより、栄養を吐き出しているから

当然と言えば当然ですが、吸収されるはずの栄養素を吐き出しているので、普段より摂取カロリーが減ります。いつもと同じ生活で痩せない人が、摂取カロリーを減らせるのですから、体重も落ちますよね。

吐くと病気になりやすい

でも、吐くことによって深刻な病気になりやすくなっちゃいます。

吐くことにより歯が溶ける!

胃に入ったものを吐きだすとき、一緒に多くの胃液が出てきます。胃液はpH1~2とお酢よりも高い酸性で、その酸が歯のエナメル質やその下の歯そのものを溶かしてしまうのです!ボロボロになった永久歯は「酸蝕歯」と呼ばれる、ちょっとした衝撃でも簡単に折れてしまうような状態になります。そうなったらもう二度ともとには戻りません。

 

お酢に卵を漬けると、なんと数日で殻が溶けてしまうのをご存知でしょうか?それより強い酸を毎日浴びれば、歯だって溶けてしまいますよね。

摂食障害になりやすい

これは私の実体験なのですが、ダイエット中ってずっと「思いっきり食べたい!」という欲求との戦いでした。でも、吐いたら痩せられた経験から、「思いっきり好きなものを食べても、後で吐けばリセットされる」と思ってしまって、異常に食べては吐く「過食嘔吐」を繰り返すようになってしまったんです・・・。

 

でもそのうち、体が拒否反応を示すのか、どんなに苦しくても吐けなくなってしまいました。指を突っ込む刺激に慣れてしまったのかもしれません。その時点で私は嘔吐をやめられたのですが、肌はボロボロ、手には吐きダコという最悪の状態でした。

 

でも、私はやめられただけまだマシ!悪化すれば、もう自分の意志だけではやめられず、何年も過食嘔吐に苦しむ人だって多いんです。

過食嘔吐の危険性

私は治療が必要なほどにはなりませんでしたが、ひどくなったら大変なことになります。

太りやすい体質になる

嘔吐を繰り返すと、逆に太りやすくなってしまいます。その理由は

  • インスリンの影響
  • 体が飢餓状態と勘違いする

この二つが考えられます。

 

過食をすれば血糖値が急激に上がり、その血糖値を下げるためインスリンが大量に分泌されます。そうすると血糖値が一気に下がり、体が「空腹」だと感じてしまうんです。結果、さらなる過食に走りやすくなるんですね。

また、インスリンは「エネルギーを蓄える」という働きがあります。それはイコール「脂肪を蓄える」ということなので、体はどんどん脂肪を付けて行ってしまうんです。お、恐ろしい・・・。

 

更に、常に嘔吐していれば体は本能的に「飢餓状態」だと勘違いし、必死にそれをどうにかしようとしてくれます。そのため、胃に残ったものや新たに摂取したものから最大限に栄養を吸収しようとしてしまうので、太りやすい体質になるんです。

月経不順や無月経を引き起こしやすくなる

嘔吐することで必要な栄養素が摂れず、女性ホルモンのバランスが崩れます。その結果、月経不順や無月経になってしまう女性が多くなります。無月経を放置していると、不妊の原因になったり、閉経したのと同じ状態になって更年期障害や骨粗しょう症など、老化現象も現れる可能性があるとか!

 

美しくなりたくて始めたダイエットが、美と健康を大きく損なってしまうだなんて・・・こんな怖いことはありませんよね。

過食嘔吐の対策

過食嘔吐をするようになってしまったら、まずは自分の精神状態と生活環境を改善させましょう。

腹式呼吸

過食嘔吐が止められない時は、罪悪感や自己嫌悪にさいなまれ、精神的にもかなり参っているでしょう。そんな方は「腹式呼吸」をお試しあれ!

  1. 鼻から息をゆっくり吸う
  2. 吸った息がおなかにたまるイメージを持つ
  3. 3秒間数える
  4. おなかの中の空気を全部出すイメージでゆっくり吐く

このやり方で深~く呼吸すると、交感神経と副交感神経のバランスが整うことでリラックスでき、不安も抑えられるんですよ。

ウォーキングなどの軽い運動

過食嘔吐をするようになると先にも書きましたが、肌は荒れ、吐きダコも目立つようになります。知っている人から見れば「あ、あの人吐いてるな」って一目でバレちゃうことも。そうなると、それまで以上に外に出る機会が減ってしまうことでしょう。でもそれって逆効果!

 

外の新鮮な空気を吸い、景色を眺めながら、無理のない距離からのウォーキングを始めてみて♪筋肉を動かしていることを意識しながら歩くことで、神経系の伝達も改善されますし、筋肉も鍛えられて徐々に心と体のバランスが保たれるようになります。

 

やっぱり体も健康じゃなきゃ、本当の美しさって手に入らないものです。

 

断言!吐いても痩せない!絶対に

吐くことで失われるのは体重ではなく、本当に求めていたはずの美と健康です。しかも、悪化してしまえば決して取り返しがつきません。もし、吐くことがやめられなくなってしまったら、できるだけ早くお医者様に相談してください。