ダイエットは短期間でも可能!効果的な方法やポイントを伝授!

ダイエットは短期間で効果を出したい!辛くストレスを抱えるダイエットはしたくない…効率的に短い時間でダイエットを成功させるためには、押さえておきたいポイントがあります。最も効果が発揮できるやり方で、失敗しないダイエットを成功させましょう。

短期間でダイエットは可能なのか

失敗しがちな短期間のダイエット。無理をして体重を落としても、リバウンドなどを起こしてしまっては無意味なことになります。

本当に痩せられる短期間ダイエットは可能なのでしょうか?

そこでいろいろな方法をポイント別に徹底調査してみました。

「これなら出来る」と思うダイエット方法で是非成功させましょう。

短期間ダイエット:食事編

一番ポイントになるカロリーを制限する食事方法です。

辛いと感じるやり方は続かない可能性が大きくなるので、出来る範囲で効果を最大限に発揮できると体重が落ちていくのが楽しくなります。

摂取カロリーを抑える

単純に食べないと痩せます。毎日体が必要とするエネルギーは平均で1,100kcal~1,300kcalほどです。これは呼吸や体温調整などの、基本的な生命維持のために必要なカロリーです。

基礎代謝が高い人は痩せやすい体質を持っていることになりますが、この基礎代謝を頭に入れたうえで「カロリーが過剰に超えない」食生活をしていれば、体内の余分なエネルギーを消費しやすい状態になることができます。

そこで、1日の摂取カロリーの目安を1,000~1,200kcalほどに設定して食生活を送ってみましょう。これまでに過剰にカロリーを取ってきた人なら効果がすぐに見られます。

長期間この方法を取る場合には、停滞期などの壁が出てきますが、短期間のダイエットを考えている場合には有効な方法です。

塩分を控える

ついつい塩分の効いた食べ物を摂取してしまう毎日。実はこの塩分を取ることで、体はナトリウムの濃度を調整しようと働き、水分を体内にため込もうとします。

これがむくみの原因になり、血流やリンパの流れが悪くなることで、どんどん代謝が低下します。これがダイエットを妨害し、体重が落ちにくくなる原因です。

代謝が悪くなると、食事制限をしても効果が出にくくなってしまうので「塩分」は控えるようにしましょう。

置き換えダイエット

何も口にしないというのは、精神的に辛くなってしまうために「置き換え」でダイエットを成功させるのはとても有効な方法です。

一食もしくは二食を置き換えることで、簡単にカロリー制限ができます。

腹持ちの良いスムージーやゼリー、カロリーが明確に分かるダイエット食などなら安心して置き換えることができますので、取り入れるのもいいでしょう。

ダイエットに不足しがちな栄養素や、バランスを崩しやすい肌へ良い成分が含まれているものが多くありますので、これが続けられるとストレスなくダイエットすることができます。

食べ方を見直す

食べる時間が早い人はダイエット効果が出にくいものです。これは満腹中枢に「お腹がふくらんだ」というサインが出るよりも早くカロリーを取り込んでしまうためです。

できるだけ時間をかけて食べるようにすれば、お腹がふくらんだサインを脳が受け取ることができますので、カロリーが高いものは後で食べるようにするなどの工夫で摂取エネルギーを調整していきましょう。

噛むという行為は満腹感を感じやすい行為ですから、できるだけ噛むものを取り入れましょう。

最初によく噛むものから食べていきます。サラダなどの野菜を食べることで満腹感を感じやすくなります。

肉はダイエットに向かないわけではありません。消化するためにエネルギーを使う肉類は種類によってはダイエットに向いているのものもあるのです。

肉なら赤身、魚なら脂分の少ない白身などを取るようにしましょう。

揚げ物を煮物に変えるだけでも随分カロリーは変わってきます。炒め物を蒸し料理に変えてみたりと、案外家事も楽になるかもしれません。

糖質制限(炭水化物抜き)

主食であるお米やパンなどは炭水化物ですから、この糖質を食べないようにするものが糖質制限ダイエットです。

糖質を制限すると、血糖値が上がりにくくなるために脂肪として蓄積されることを防ぎます。同じカロリーを取っていても、内容に糖質が多く含まれていると痩せにくくなります。

お米、麺類、パンなどの炭水化物を減らしていきましょう。

全てを止められなくても減らすことで効果が出てきますので、食べるなら朝だけにするなど、一日で消費できる時間帯に食べるようにしましょう。

短期間ダイエット:マッサージ編

運動までするのはしんどいと感じる場合におすすめです。マッサージなどで体の循環を良くすることは美容にとっても良いことです。是非取り入れてみてください。

腸のマッサージ

腸の活性化のためにも有効な方法です。便秘気味の人には特におすすめで、簡単に行うことができるので取り入れやすいことがメリットです。

血行が良くなり体も温まることで代謝も上がり、むくみの解消にもつながります。

腸をマッサージすることで肩こりが改善されたり、体温が上がったりとダイエットには嬉しいことばかりなので、日々のリラックスタイムに取り入れるなどで常に意識しましょう。

  1. ウエスト部分を上下に揺らす (このとき強めにわき腹を持つように揺するとやりやすい)
  2. おへそから3cm左の位置から右横まで両手の指先3本ずつを揃えてマッサージ
  3. 途中固まった感覚がある場所はしっかりもみほぐす
  4. これを3回繰り返す
  5. おへその左下からへそ上を通って左側から左下へ両手の指先3本分ずつを揃えてマッサージ
  6. 少しきつめで痛みがある程度に行う
  7. おへその左下は老廃物の出口なのでしっかりと刺激する
  8. これを3回繰り返す
  9. 手のひら全体でおへそを中心に時計回りにゆっくりとマッサージ
  10. これを5回繰り返す

これだけでもかなり便意を催す場合もあるようです。便秘が気になる人はすぐにやってみてください。

座ったままでもできますが、横になるとやりやすいので、寝る前などに習慣で行うようにすれば、効率よく行うことができます。

リンパマッサージ

リンパは体の老廃物を流してくれるので、常に意識しておきたい重要なポイントです。

心臓から一番遠い脚は特にリンパが滞りがちになる場所です。このために、脚がむくんだりする人が多いのです。

脚を中心にきちんとマッサージすることで、リンパ液や水分の停滞をなくし、綺麗な循環を取り戻せます。スッキリと無駄な老廃物を排除出来て、代謝も良くなりダイエットには効果的です。

脚のリンパマッサージ

  1. 必ず足先から股関節に向かうように上に向かって行う
  2. 足の裏を全体的に押す
  3. 指の付け根から足首に向かい、親指を添わすようにマッサージ
  4. 足首から膝まで順番に手のひら全体で包み込むようにマッサージ
  5. 膝上からももの付け根まで順番に手のひら全体で包み込むようにマッサージ

両方の足をゆっくりとマッサージしていきましょう。

鎖骨周辺のリンパマッサージ

  1. 鎖骨の下部分から腋のあたりまで指でなぞる
  2. 場所を少しずらしながら指で腋に向かってなぞる
  3. 痛みがある部分は停滞しているのでよくほぐしていく

入浴後のあたたまった体にリンパマッサージをすると効果的です。肌を傷めないように、マッサージクリームやオイルで滑りやすくしながら行いましょう。

短期間ダイエット:運動編

ダイエットの効果をさらに引き出すには、運動で体を動かし消費カロリーを多くすることが必要です。

できれば「ラク」に「すぐ」にできる方法を、毎日の生活に取り入れていきましょう。

有酸素運動

気軽にできるのは「ウォーキング」です。ウォーキングなどのゆっくりとした有酸素運動は最低でも20分以上続ける必要があります。

なぜなら、このようなゆっくりと酸素を必要とする運動は、一定以上の時間を超えると、体内のエネルギーを消化するようになるためです。

天候に左右されないフラフープも、消費カロリーが30分で300kcalと比較的多いので、雨の日などは試してみてください。また、室内でのエアロビクスなども効果があります。

エア縄跳び

専用のグッズもありますが、基本的になくてもできる運動方法です。

普通に縄跳びをするのと同じ要領で、手に縄跳びを持っているかのように飛びます。手に何か持っていた方が楽になる場合には、タオルなどを持ってもいいでしょう。

この運動の利点は、消費カロリーが30分300kcalと高めなことと、実際に縄跳びをする時よりも続けやすいことです。

本物の縄跳びだと、疲れてくると脚が動かなくなって縄を飛び越えられなくなったりしますが、エア縄跳びならその心配はありません。

飛ぶ体力がある時間はずっと続けることができるのでやりやすく、全身の運動にもなるのでおすすめです。

1分間に60回飛ぶのが目安です。1分飛んで5分休憩を1セットとして、これを3回行いましょう。

背伸びダイエット

背伸びをするだけでダイエットに効果があると話題の運動です。背伸びをすると、「脊柱起立筋」と呼ばれる筋肉を鍛えることができるのです。

これはインナーマッスルにもあたり、刺激をすることで基礎代謝を高める働きがあります。

全身に働きかけることができる運動なので、肩こりなどの問題や、冷え、むくみにも効果があります。

背伸びしながらウエストを絞るといった応用も簡単なことから、すぐにでもできる運動です。

背伸びダイエットの姿勢

足は肩幅くらいに開き、つま先は少し外向きが理想です。

膝は軽く曲げ、力まない程度にリラックスした状態で立ちます。あぐらをかいて座ってもできます。

  1. 両手の手のひらを内側に向けながら上に向かって背伸び
  2. この姿勢で5秒かけて吸い5秒かけて吐く腹式呼吸をする  これを1セットとして3セット
  3. 両手の手のひらが上を向くように組む 顔を上に向けて背中をそらす
  4. この姿勢で肺で息をする  5秒かけて吸い5秒かけて吐く これを1セットとして3セット

一日3回、朝昼晩と行うと効果的です。食事前にこの運動を取り入れると、代謝や消化を助けてくれるので、食事にもダイエットも効果を期待できます。

ジムに通う

誰かに背中を押してもらえたらできるのにと考えている人は、プロの指導を受けるのもおすすめです。

キチンとしたジムなどで専門のトレーナーにプログラムを組んでもらって、アドバイスをもらいながら進めていくのは、一人でダイエットするよりもさぼりにくくなることもあって集中できるのではないでしょうか。

一人じゃない安心感はとても心強いものです。間違った運動をすることもなく、効果的な体の使い方を教えてくれます。

短期間ダイエット:生活習慣編

睡眠

効果的にダイエットするためにも7時間の睡眠時間は確保したいものです。

できれば12時までには眠れるようにすることが理想です。これは、成長ホルモンが多く出される午後10時から午前2時までの間を効果的に使うためです。

成長ホルモンには脂肪燃焼を促進させたり、疲れた筋肉を作り直したり成長させたりする作用があります。

7時間ほどの睡眠を取ることで、レプチンという物質が分泌されます。レプチンは食欲を抑える働きをするので覚えておきましょう。

常に空腹感を感じる…といった悩みがある人は睡眠時間が足りていない可能性があります。

運動

短期間で効果的なダイエットをするためには、無駄なく時間を使いたいものです。そのためには、日ごろの行動に常に運動の要素を取り入れることも心がけましょう。

一駅歩くことやエレベーターを使わないなど少しの運動も、一日にトータルすればかなりの運動量になります。

ダイエット期間中は動きやすい靴を履いておくと、こういったことにも対応しやすくなります。

便秘解消

便秘はダイエットには大敵です。体重もその分重くなり、便が留まっていると腸の中で腐敗して有害物質を作り出し体にも悪影響、美容的にもいいことはありません。

便秘によってあらゆる老廃物が血液中に取り込まれ、循環も代謝も悪くなり脂肪となってしまいます。

便秘をしない環境を作ることは、痩せやすい体を作るうえではとても大切なことですから、腸の働きを活発にしていきましょう。

水分が不足している場合もあるため、朝起きたら水を飲むことを習慣づけましょう。

朝の水分摂取は胃腸にも刺激を与えるので、便意の促進や体調の管理にもつながります。

食物繊維などを多く含む食品を摂取するのも、常に気にしておきたいところです。

乳酸菌や発酵食品には、腸内の善玉菌を増やす効果があるので積極的に摂取したいものです。

体重計に乗る

体重計の数値が少しでも変わっていると気分も違ってきます。今日はダメだったけど明日なら!と常に自分の体重の変化に気をつけるのは、ダイエットを続けていくにはとても大切なモチベーションになります。

現実を知らしてくれる体重計の数字を、毎日記録に残すことも効果があります。短期間でも効果を感じることができれば、習慣としてずっと続けていけるかもしれません。

体重が落ちる喜びはとても嬉しいものですから、毎日体重計に乗ることを忘れないでください。

短期間ダイエット:その他編

ツボ押し

様々な用途で使われるツボ。体には多くのツボがあって、ダイエットに効果があるツボも多く存在しています。そのうちのいくつかをご紹介します。

押す時間はすべて「3秒押して3秒離す」を繰り返してください。

合谷(ごうこく)

手の甲にあります。親指と人差し指の骨の間にあるへこんだ部分がこの位置になります。

逆の手の親指で押しましょう。

コリや便秘などの症状を軽減できます。

胃・脾・大腸区(い・ひ・だいちょうく)

手の平の親指の付け根にある盛り上がったところに位置します。

排便の流れを改善したりと胃腸に効果があります。逆の手の親指押しましょう。

三陰交(さんいんこう)

内側のくるぶしから上に指4本分の位置にあるツボ。骨にそった筋肉との境目にあります。

冷えを改善するツボで、冷えを対策することでむくみや代謝の促進に効果のあるツボです。

両手の指先を合わせて押し込むように、少し痛みがある程度に押さえるのがコツです。

気海(きかい)

おへその下、指1本半下にあるツボです。下腹部痛や便秘、冷えの解消に効果があります。また、イライラや不眠にも効果があります。

両手の指先を合わせ押し込みます。お腹ですから、爪などで肌を傷めないように注意してください。

エクスレンダー

着るだけダイエットができると好評のエクスレンダー。

エクスレンダー

  • 価格:3,960円
  • 内容:1着

http://trendtime3.com/archives/571

 

  • 体幹トレーニング効果
  • 加圧トレーニング効果
  • お腹引き締め効果
  • 脂肪燃焼効果
  • 姿勢矯正効果
  • くびれ効果
  • 肩こり腰痛解消効果

があるとなっています。体幹を鍛えることで、ダイエット効果以外にも健康や美容にも有効だと言われています。

加圧する構造になっていて、体幹を刺激しながら筋肉にもアプローチすることで運動するのと同じ効果を発揮します。

血行などの改善によって、代謝アップ、むくみなどの水分の流れを良くします。お腹にも圧力がかかり、姿勢が良くなり下腹に脂肪がつくことを防止する効果もあります。

姿勢の矯正が自然にできることで、痩せやすい体を作っていきます。また、必要な場所に必要な圧がかかることで、不必要な脂肪を取り除いていきます。

加圧効果によって血流がよくなることで冷えの改善ができ、脂肪が燃焼しやすくなります。

エクスレンダーについてもっと見る

短期間ダイエットの注意点

リバウンドしやすい

短期間で集中的にダイエットした場合に怖いのがリバウンドです。これは、短期間でカロリーを控えた食生活をしたり、短期間に運動を集中的に行うことで起こります。

摂取カロリーを抑えたダイエットをすると、足りなくなった分自分の脂肪を使うことで体重が減っていきます。

しかし、急にこの食生活から普段の食生活に戻すと、放出した分のエネルギーを過剰に取り込もうと、普段以上に栄養素を蓄える結果になります。

筋肉量が落ちたダイエットでは、基礎代謝も落ちてしまいます。一時的に体重が落ちていても、少しのエネルギーで体を動かすことができる体になっているために、リバウンドしやすくなっています。

簡単にできる反面、このような面も持っていますので、あまり過剰なダイエットは考え物です。しっかりと計画を立ててやっていきたいですね。

精神力

短期間であるにせよ、食べたいものを我慢することや、毎日の日課にした運動をやり続けることは実は難しいものです。

しかし、短期間で効果を出したいなら、欲求に負けない精神力を持ち、毎日の体重計に向き合う心が大切です。

このためにも、あまり無理なスケジュールは組まないようにしておきましょう。できる範囲で、欲求に負けない自分を保てる範囲で行えるのが理想です。

日常生活への影響

急激に摂取カロリーや油分が少なくなると、肌などに美容的にも良くない影響が出てしまいます。摂取カロリーの中には、美容に必要な成分も含まれているために、普段よりもケアには気を付けるようにしましょう。

食事でとれなくなった栄養素は、サプリなどの補助食品で補うなどの工夫も必要です。

肌だけでなく、髪質や骨などにも影響がある場合もありますので、気を付けておきましょう。

また、欲求を抑えないといけないストレスなどでイライラしたり、集中力を欠いてしまったりする場合もあります。

カロリーのない食品を口に含んだり、ローカロリーの飲み物でしのぐなどの対策も考えておく必要があります。

短期間ダイエットは食事がカギ

ダイエットには食事制限が一番有効で効果がありますが、食事制限には管理と精神力がとても大切です。しかし、効果を知ったうえで行えば、短期間でも成果が出せるダイエット方法です。

また、食事だけでなく適度な運動を取り入れることで、効率アップし、綺麗に簡単に体重を落とすことができます。

自分にできる方法を見つけて、綺麗なボディラインを手に入れましょう!

糖質制限ダイエットは危険?正しい糖質制限を知りましょう

糖質制限ダイエットが危険だという噂を口コミやSNSなどを通じて知ったという方は多いのではないでしょうか?糖質制限ダイエットとは、米や麵といった炭水化物を抜き、糖質の摂取量を抑えるダイエットのことです。

糖質制限ダイエットで命に関わる可能性も!?

多くの方が理想の体型を手に入れるためにダイエットを行っていると思います。その方法は様々で人によって合う・合わないも出てきます。その中でも特に有名な糖質制限ダイエットと呼ばれるダイエット法がどうして危険だと言われているのでしょうか?その大きな理由に迫っていきたいと思います。

糖質制限ダイエットが危険なのはなぜ?

過度な糖質制限ダイエットで病気になる可能性

糖質制限ダイエットを行っていく中で炭水化物を全く取らないといったような過度な糖質制限ダイエットを行っているケースも存在します。それにより、様々な病気を引き起こします。ここでは、いくつか紹介しておきますので参考にして頂けたら幸いです。

(1)骨粗鬆症

過度な糖質制限を行うと、骨密度が減少し、骨粗鬆症を引き起こすと言われています。骨粗鬆症は骨が脆くなり、骨折を引き起こしやすくする病気です。寝たきりの原因にも挙げられるので、知っている方も多いのではないでしょうか?

(2)脳卒中

糖質の摂取量が極端に少なくなると、脳に十分なエネルギーを補給できなくなるため脳卒中を引き起こす可能性があります。脳卒中は日本人の三大死因の1つとも言われており、片麻痺や感覚障害を引き起こし、日常生活に支障が出たりします。

(3)認知症

糖質制限が極端だと認知症を発症している方も多いと聞いております。認知症はアルツハイマー型認知症などTVで一度はその名を目にしているのではないでしょうか?記憶障害や判断力が低下したりして日常生活に影響を及ぼします。

危険な糖質制限ダイエットとはどんなもの?

糖質制限ダイエットの中でどういったものが危険に当たるのか気になりませんか?ここでは、いくつか紹介していくので参考にして頂けたら幸いです。

長期間の糖質制限ダイエット

1年以上長期に渡る糖質制限ダイエットを行っているという方も多いのではないでしょうか?実はそれが命取りとなる可能性も十分あります。筋肉が落ちて体が動かなくなるといった可能性も出てくるからです。体重は減るけど、筋肉や骨が弱くなってしまっては本末転倒なので、程々にしておくのが一番と言えます。自分の体をいたわるようにしましょう。

自己流の糖質制限ダイエット

専門家の監修の無い自己流の糖質制限ダイエットを行っているという方も中にはいるのではないでしょうか?糖質制限をし過ぎて脳に十分なエネルギーが供給できていない、脂質を摂りすぎて動脈硬化になってしまう可能性もあり得ます。そのため、専門家の監修したものを見るのが大事です。

高齢者の糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットを行っている人の中には高齢者の方もいるのではないでしょうか?高齢者は消化吸収能力が若い頃に比べて低下しているため、多めにタンパク質を摂取する必要が出てきます。糖質の摂取量が極端に少ないと骨が脆くなってしまうのを踏まえると、必要最低限の糖質は摂取しないといけません。

健康的な糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエットを行う上でどういった部分を守ればいいか気になりませんか?ここでは、その辺りの疑問を解決していきましょう。

糖質完全カットはNG

糖質を全く摂らないというのはNGです。エネルギー不足に陥り、脳や筋肉に十分なエネルギーを供給できなくなります。ある程度の糖質を摂取して、基礎代謝を維持していくのが筋肉や脳、骨を守っていく上で必要です。

糖質を補う栄養素を摂取

減らした糖質をタンパク質や脂質で補い、エネルギーを作り出していくのが大事です。人間のエネルギーの素は糖質、タンパク質、脂質と言われています。皮膚や筋肉作る働きも行うので、他のダイエットを行う上である程度はこの3つの栄養素は摂取していくのを心掛けるようにしましょう。

適度な運動も行う

筋力を付けていくのもダイエットを行う上で必要になってきます。ただ単に食事量を減らすだけだとリバウンドになる可能性が大きいです。そうならないために運動を行ってその可能性を減らして頂けたらなと思います。

過度な糖質制限ダイエットは危険!

糖質制限ダイエットは必要最低限の糖質を摂取する、適度な運動を行う、他の栄養素でエネルギーを賄うといった部分を抑え、リスク管理をしていくのが大事です。極端に糖質を全く摂らないといったことを行うと様々な病気になる可能性があるので、気をつけながら実践して頂けたらなと思います。

ジュースしか飲まないで痩せるって本当?その方法と注意点とは

「ジュースしか飲まない」というだけで、本当に痩せるものなのでしょうか?痩せることは、女性にとってやはり大事なことだと思います。しかし、「ジュースだけ」と聞くと、栄養バランスも偏り、逆に体にはマイナスなのでは?と思います。

ジュースしか飲まないで痩せられる?

他の食材などは摂取せず、「ジュースしか飲まない」というダイエット方法。本当に痩せられるのであれば、簡単で取り入れやすいかと思います。しかし、体のことを考えると「不健康」なダイエット方法なのではと思ってしまいます。

飲み物だけダイエットとは

そもそも「飲み物だけでダイエットをする」ということが、どんなものか分からない方もいるでしょう。確かに、ダイエットといえば「運動」「食事制限」というイメージが強い方が多いはずです。

食事を飲み物で置き換え

簡単にいうと、食事を「飲み物」で置き換えるダイエット法です。中には「食べなければ、太らない!」と思っている方も多くいるのではないでしょうか?実はこれ、断食のようなものなのです。食事ではなく、飲み物でダイエットすることで、食費も抑えられたり、気軽に行えますので、若い世代には人気のあるダイエット方法なのだそうです。

1~5日のプチ断食なのだそうですが、無理は絶対にしないでくださいね。期待できる効果ですが、胃が小さくなると言われています。普段の食事などで「食べ過ぎ」てしまうと、胃が大きくなってしまいます。よって、ダイエット中であっても胃の面積が大きくなってしまったら、ついつい摂取したくなるのだそうです。だから、ジュースだけを摂取するというダイエットを取り入れて、胃を小さくしましょう!

水、コーヒー、清涼飲料のような物だけで過ごすのは避ける

とは言っても、どんな飲み物でもできる!という物でもありません。飲み物だけダイエットの条件としてはしっかり栄養素も含んでいる飲み物で行うことです。水、コーヒー、清涼飲料は、特にこれといった栄養素も含まれていません。

ダイエット後のケアが大切

飲み物を摂取するだけのダイエットが終わったら、必ず自分の体のケアを行ってあげましょう。体調が悪いのであれば、ゆっくり休むのはもちろんですが、何か食材を摂取することも大事です。しかし食べ過ぎには注意してくださいね。

一週間程度にとどめる

期間は1~5日とお伝えしましたが、長くとも一週間にしておきましょう。あまりにも長く続けていると、体調が悪化してしまう可能性もあるようです。

話題のジュースクレンズダイエットについて

今度は「ジュースクレンズダイエット」についてもご紹介します。一時期、ブームとなったダイエット方法ですが、具体的にどんなものか分からない方も多いでしょう。

いつもの食事を専用のジュースや酵素ドリンクで置き換える

モデルさんやタレントさんの中でも、人気の高い「ジュースクレンズダイエット」。数日間、ジュースだけを飲むことで、体の中を洗浄するという意味なのだそうです。これによって、美肌効果やむくみを解消する効果があるのだとか?

毎日食事をしていると消化器官が毎日動いている状態になります。毎日動いている状態でも、特に支障はないのですが、とても疲れている状態になっているのです。よって、十分な働きを行ってくれないということにもつながります。

だから、専用のジュースや酵素ドリンクで置き換えて、消化器官を休ませるということなのです。おすすめの飲み物は、「マスタークレンズ、コンブチャクレンズ、優光泉」が挙げられるでしょう。

期間は3日間程度

そして気になる期間は「3日間程度」です。あまりにやりすぎてしまうと、体調不良などにも繋がってしまうからです。この3日間程度でも、十分効果は期待できます。女性の中でも便秘に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?ジュースや酵素ドリンクで断食をすることで、消化器官も休まります。よって、体の中の不要なものが溜まりがちになっていた「便秘」という状態も、しっかり解消してくれるのです。

普段と同じ生活をする

ジュースクレンズダイエットを行っているときは、普段と特に変わりはなく、同じ生活をしていてもいいそうです。しかし外出をしてしまうと、美味しそうな食べ物を見てしまうこともあるでしょう。ジュースクレンズダイエットをしているときは、できるだけ外出は避けたほうがいいでしょう。

必ず回復食を

ジュースクレンズダイエットが終わったら、必ず「回復」してくれるような食事をしましょう。しっかり体内の中を洗浄してくれていますので、「終わってまた食べてしまったら、意味がないのでは?」と思う方もいるでしょう。しかし、しっかり食事を摂らないと気分が悪くなったり、元気がない…という状態になってしまうそうです。

ローラが実践して有名

数多くの芸能人やタレントが取り入れているそうですが、もともとはローラさんが実践したことで有名になったそうですよ。スタイルがいいローラさんがやっているとなると、実践したくなりますよね。

危険なのでなるべく真似をしないのがベター

「ジュースしか飲まない」というダイエット方法は、手軽に行えますので、どんな人でも挑戦しやすいもの。しかし「やっぱり食事はしたい!」というような方にとっては、物足りないと感じるようです。なるべく真似をしないというのが、1番いいかもしれません。

白米を食べないダイエット。体に良いのか?悪いのか?

ダイエットと言えば「白米を食べないダイエット」が定着しています。体に悪いという話をよく耳にしませんか?白米を食べないダイエットには様々なデメリットがありますが、正しく行えば必ず体重が落ちる最強のダイエット方法です。

白米 すなわち炭水化物を食べないと痩せられるのか?

「ダイエットする=ご飯(白米)を食べない」炭水化物抜きダイエットが主流です。痩せれば、体型の嬉しい変化だけでなく体への様々な負担も減るという大きなメリットもあります。間違ったダイエット方法では、痩せられません。痩せるどころか、イライラや思考力の低下、リバウンドなどのデメリットがあります。

ダイエットをするなら、確実に痩せたいですよね。確実に痩せられる『炭水化物抜きダイエット』について詳しく解説していきます。

まずは白米・炭水化物の成分を理解しよう

炭水化物とは

炭水化物は、三大栄養素の1つ。炭水化物の他にタンパク質、脂肪が含まれます。日本の食生活指針で炭水化物は主食になっています。1gで4キロカロリーのエネルギーとなります。

穀類、果物、イモ類に多く含まれいます。カボチャ、ゴボウ、トウモロコシは、炭水化物が多く含まれる野菜です。

その成分と役割

糖質、食物繊維、デンプン等に分類されます。

糖質

単糖類、多糖類に分類され多糖類であるデンプンが多く含まれています。

単糖類であるグルコースは、エネルギー源としてとても重要です。

食物繊維

水溶性食物繊維であるグルコマンナン、ペクチンなど、 不溶性食物繊維であるセルロース、キトサンなどです。

デンプン

デンプンは、体内にはごくわずかな糖質しか存在しないので植物から接種する必要があります。デンプンは植物の光合成によって作られます。

生物が生きていく上でなくてはならない物質で、代謝や骨格形成などに幅広く使われます。

正しい炭水化物抜きダイエット方法を知ろう

炭水化物抜きダイエット方法とは

糖質制限ダイエット、炭水化物ダイエットとも呼ばれるダイエット方法。普段の食生活の中から炭水化物である、ごはん、パン、麺類やイモ類などを抜くことを行います。炭水化物を抜くとこで血糖値の急上昇が抑え、血糖値をコントロールすることが出来ます。血糖値の急上昇は、インシュリンの分泌を高めてしまいます。インシュリンは、「肥満ホルモン」とも呼ばれるほど、ダイエットには大敵です。血糖値を下げる大切な役割をしますが、炭水化物に含まれる糖を脂肪に変えて貯める働きもするのです。そのため、血糖値の急上昇を抑えることが炭水化物抜きダイエットのカギとなります。

白米を全く食べない完全炭水化物抜きの危険性について

イライラ

イライラしてしまう人が多くみられます。これは、食欲を押さえているストレスも考えられますが、炭水化物不足によってイライラの原因となるホルモンが分泌されるためです。

思考力の低下

脳を働かせるためには、炭水化物に含まれる糖類が大切です。脳に十分なエネルギーが行き渡らない状態になるので、思考力の低下に繋がります。

リバウンドしやすい

不足した糖類を補うために、体内では筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとします。筋肉が細くなる原因の1つです。筋肉量が減ると基礎代謝が落ち脂肪を燃焼しやすい体になってしまいます。この状態でいつも通りの食事に戻すと、リバウンドに繋がります。

生活習慣病リスクの上昇

極端に炭水化物を抜いてしまうと、肝臓や腎臓に大きな負担がかかります。それにより、生活習慣病である脳梗塞、がん、心臓病のリスクが上昇する恐れがあります。

ケトン体が発生

エネルギーが不足している状態なので、エネルギーを作り出すのに脂肪を分解します。脂肪をエネルギーとして利用した時に、ケトン体が発生するのです。このケトン体は、酸性で揮発性があなので酸っぱい臭いのする体臭や口臭の元となります。

タンパク質や脂質のバランスが悪くなる

炭水化物以外なら何を食べてもOKという認識から、タンパク質や脂質のバランスが悪くなりがちです。野菜よりも肉、魚類などのを多く摂りがちになってしまうことも。また、タンパク質や脂質のバランスが悪くなると代謝が落ちてしまいリバウンドにも繋がります。

夜だけ炭水化物ダイエット

朝昼よりも夜が安全で効果的

なぜ夜が効果的なのかというと、夜は脳や体内へのエネルギーを日中ほど必要としないからです。通常だと、夜に摂取したものは運動量も少なくエネルギーを必要としないため、糖質などがそのまま体に吸収され溜め込む形になってしまいまうのです。夜に炭水化物を抜くことで、摂取カロリーや糖質を抑えることが出来るので効果が期待できます。炭水化物を抜いたことで安心をして、カロリーの摂りすぎにはくれぐれも注意が必要です。

一週間だけ炭水化物ダイエット

完全に抜くと太りやすい体質に

長期間に渡って完全に抜いてしまうと飢餓状態に陥ってしまうので、リバウンドなどが起こりやすくなります。1度リバウンドしてしまうと、筋肉量が減り脂肪がついた状態から始めるので更に体重を落とすことが大変になってしまいます。短期間だけであれば続けやすいですし、運動を更に加えれば確実に体重を減らすことが期待出来ます。

食べる順番の工夫で効果を狙う

一週間のダイエット後は、食べる順番を気にすることで急激な血糖値の上昇を防ぐことが出来るので、ダイエットの継続にも繋がります。

  1. 野菜などの食物繊維を多く含む食材を食べます。血糖値の上昇と脂肪の吸収を抑制に。野菜を多く入れたお味噌汁やスープなどはオススメです。汁物は満腹感を水分で補うことが出来ますよ。
  2. 肉や魚などのタンパク質を多く含むメイン食材を食べます。
  3. 最後に、ごはん、麺類などの炭水化物を食べます。

おすすめ炭水化物抜きメニュー代用食品

豆腐

畑のお肉と言われるほど、豊富で良質なタンパク質が含まれています。脂質が少なく低カロリーなのでダイエットに最適な食材です。

キヌア

スーパーフードとして定着しつつあるキヌア。タンパク質だけでなくミネラルや食物繊維が多く含まれています。低GIなので血糖値を上げない食材です。クセがないので、いろいろの食べ物と相性がいいのでトッピングしたり混ぜたりと幅広く使えます。

糸こんにゃく

食物繊維が豊富でダイエット食の定番のこんにゃく。カロリーが低く、置き換えダイエットをする人も多いですよね。こんにゃくに含まれる食物繊維マグルコンナンは、お腹な中で水分を吸収して膨らむので満腹感が得やくなります。脂肪の吸収も抑え、便秘解消にもなる嬉しい食材です。

しらたき

こんにゃくを粉末状にして固めたものがしらたきです。低カロリーで低GIなのでダイエットに最適。糸こんにゃくと同様、麺類など主食の代わりにもしやすい食材です。

完全に抜くよりも少しだけ白米を食べないダイエットが健康的

「絶対痩せたい!」となるとカット出来るものはとことんカットしたくなりますが、炭水化物の制限のしすぎはリバウンドに繋がってしまいます。1度リバウンドしてしまうとダイエットをするのも至難の業です。少しだけ白米を抜く方法なら、長く続けられ健康的。

ダイエット方法を見直して、健康的に痩せましょう!

むくみ対策サプリがオススメな理由

むくみ対策の薬よりもサプリの方が良い理由

むくみサプリメント

むくみは体内に存在している不用な水分が原因です。

体内で水分の代謝がキチンとできていれば細胞外に水分が貯水されることはなく、摂取した水分は体内で使われ、尿として排泄されるのです。

余分な水分を体外に排出するには、運動などで代謝率を上げて、消費させるのがベストですが、座り仕事の多い方々には難しいものです。

このため、薬を処方してもらって排出しようと考えますが、むくみ程度であればなかなか薬は処方されないものです。

利尿剤が選択肢にはなりますが、他の疾患があって医師が判断した場合以外は、むくみ解消のためには処方しないものです。

そこで、サプリメントを利用することをお勧めします。

医療機関に行く必要もなく、長い待ち時間もありません。

水分の排出に効果のあるカリウムなどを含んだサプリメントを手軽に購入することが出来ます。

現在では、ドラッグストアやホームセンター、コンビニエンスストアなどでも販売していますので、日常の買い物のついでにポイントを貯めながら購入できます。

少量から販売しているので、自分に合うサプリメントを見つけやすいのも利点です。

保存期間も長いので、自分に合うものが見つかったら、特売日などにまとめて買うこともできます。

むくみサプリの決定版「するるのおめぐ実」

するるのおめぐ実

夕方になると、足のむくみが気になって、靴がきつくなったり、足がだるくなったりした経験のある人も多いのではないでしょうか?立ち仕事や、ずっと座りっぱなしのデスクワークの人など、むくみは本当につらいものです。

むくみをとるにはどうしたらいいのか、わからない人も多いと思います。

むくみをとる運動やストレッチなどもありますが、あまり続かなかったり、そんな時間が取れなかったり・・。

食事で気を付けようとしても、何をとればいいのかわからなかったり、なかなか毎日気を付けて摂取するのも難しいですね。

かといって、むくみをとる薬を飲むのは、体に負担がかかりそうだし、ちょっと不安という方も多い思います。

そこで、「するるのおめぐ実」というサプリメントがあります。

植物由来の成分で作られた、安心のサプリメントです。

時間がない人もこれを一日2~4粒飲むだけで、夕方のむくみから解放されます。

八丈島産の明日葉、とうもろこしのひげ、あかぶどう葉が主な成分で、体に負担となる成分は含まれていないのが特徴です。

植物由来の成分だからこそ、安心して続けられ、しかも体の辛さも楽になる・・いいことづくしです。

粒も大きくなく、飲みやすく、ジッパー付きの袋に入っているので、持ち運びにも便利です。

コチラのむくみサプリ口コミランキングも参考になるので是非、参考にしてみてください。

寝ないと痩せるはウソ?むしろ太る?睡眠とホルモンの関係

寝ないと痩せる、と思っている人は多いかもしれません。確かに消費カロリーを摂取カロリーよりも増やせば体重は減ります。しかし実は寝ないことで太ってしまうことがあるのです。寝ないことで何が起こってしまうのか、ここでしっかり把握しておきましょう!

寝ないと痩せる?太る?

寝ないことで消費カロリーは増え、一時的に体重が減ることはあります。そのため、寝なければ痩せる、と思ってしまうことはあるでしょう。しかしこれは一時的なもの。トータルで見ればデメリットがいっぱいです。

睡眠中、私たちの体の中では休養しながら多くのことが起こっています。その中で成長ホルモン、コルチゾール、レプチンといったダイエットに大きく関わるホルモンが働いているのです。寝ないということは、睡眠をすることで得られるホルモンの働きを阻害してしまいます。

そのため、消費カロリーを増やしたいから寝ない、ということを続けていると体重の減少率はどんどん低下していき、結局は太ってしまうことに繋がります。

寝ないと痩せるのには理由があった

睡眠不足で痩せた経験は誰しもあるはず?

試験勉強や仕事、本を読んでいたらうっかり夜更かししてしまった、という経験は誰にでもあると思います。そんな翌日体重が減っていることも多いでしょう。それもそのはず、消費カロリーが摂取カロリーよりも増えれば体重は簡単に反映します。しかしただ起きているだけでは減っていきません。

それは寝ていることと変わらない上に、睡眠によって痩せる機会を奪っているのです。

起きているだけではNG

人には誰しも基礎代謝というものがあります。基礎代謝というのは何もしないでも減っていくものであり、生きるため最低限必要なエネルギーのことです。睡眠中減っていくのはこの基礎代謝のみとなります。では起きてさえいればより消費カロリーが増えるのでは、となりますが、そういうわけでもありません。

これはただじっとしているだけの場合とほぼ同じエネルギーです。つまり起きているだけでは寝ているときと消費カロリーは変わりません。何かしら活動して初めて消費カロリーの増加が見込めます。

カロリーを消費する行動をしていれば痩せる

睡眠不足で体重が減る原因は、睡眠をしないことが理由ではありません。起きている時間に活動したことによる消費カロリーの増加が理由です。そのためただ起きているだけでは減りません。活動が理由であって睡眠は関係ないのです。睡眠自体には体重減少の要因はありません。しかし、寝ないことで太る場合はあり得ます。

実は寝ないと太る!

食欲抑制ホルモン「レプチン」は睡眠不足だと減少してしまう!

食欲に関係するホルモンにレプチンとグレリンというものがあります。レプチンは満腹中枢を刺激し食欲を抑制する働きがあり、グレリンは食欲中枢を刺激し食欲を増加させる働きがあります。睡眠時間が短い場合レプチンが減少し、グレリンが増加してしまいます。

ダイエットにおいて食欲を抑えられるか否かがとても大事な点であることはダイエットを行う人には周知の通りです。血中レプチンが高い濃度で維持されていると食欲を抑えやすくなります。また、グレリンは逆に食欲を刺激するホルモンです。グレリンが多いことと食欲を感じやすくなり、我慢することがより大変になってしまいます。

レプチンをしっかり分泌させ、グレリンを適度に抑えるためには適切な睡眠時間が必須です。

ストレスホルモンである「コルチゾール」も増加

ストレスホルモン、と呼ばれるコルチゾールをご存じでしょうか。このホルモンは人がストレスを感じると分泌し私たちをストレスから守ってくれている副腎皮質ホルモンです。睡眠中は体内時計に依存し夜中の3時頃から分泌していき、起床を促します。コルチゾールはグリコーゲンや脂質を代謝する働きがあり、ダイエットにおいて重要なホルモンです。

睡眠の質の低下や睡眠不足、睡眠時間の乱れがあるとコルチゾールは正しく分泌されなくなります。適切な血中濃度であれば問題ないものですが、睡眠不足や慢性的なストレスがあると常に分泌されてしまい、過剰分泌となってしまいます。

コルチゾールが過剰分泌となると、血圧の上昇や、血糖値の上昇、心拍数の増大など、さまざまな作用が起こります。筋肉が減少することにも繋がるためダイエットという点でも非常に問題です。起床を促すホルモンとも呼ばれるコルチゾールは睡眠の妨げにもなり、悪循環が生まれることになります。

血行が悪くなり代謝が下がる

心身のバランスをとっている自律神経には副交感神経と交感神経というものがあります。体を休めリラックスしているときに副交感神経は優位となり、血管を拡張し呼吸は穏やかになります。運動しているときや緊張しているときなどは交感神経が優位となり血圧は上昇し、呼吸は速くなります。どちらの働きも必要なものです。

睡眠時は副交感神経が優位となっており、血管を拡張し血行を良くします。睡眠不足になると、交感神経が優位になり、血管が収縮している時間が長くなります。その結果血行は悪くなっていき、代謝が落ちていってしまいます。

血行が悪くなると老廃物は滞り、脂肪燃焼のためのエネルギーも不足していきます。ダイエットだけではなく肌トラブルにも影響し、健康にも弊害があらわれます。

脂肪を分解する成長ホルモンが出ない

成長ホルモンとは脳下垂体前葉から分泌するホルモンであり、身体の成長、代謝に関わっています。睡眠中では脂肪を燃焼し、筋肉の成長を促進する、ダイエットには欠かせないホルモンです。その成長ホルモンは睡眠してからおよそ3時間で最大量に達します。

ところが睡眠不足になるとこの成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。また、成長ホルモンと同じく代謝に関係するコルチゾールの分泌は体内時計の夜中3時ほどから分泌が多くなっています。成長ホルモンは睡眠に依存し、コルチゾールは体内時計に依存するため、お互いが競合する時間が発生すると分泌量が減ってしまいます。

成長ホルモンが不足するとコレステロールの増加、筋肉量の減少、体脂肪の増加など、さまざまな影響があらわれます。

だからと言って寝過ぎもNG

睡眠時間が9時間以上だと肥満傾向あり

睡眠時間が肥満にどのような影響を及ぼすかはさまざまな研究が行われています。短時間睡眠が肥満に繋がることは多くのデータから報告されています。しかしだからといって長く寝れば良いというものではありません。

7~8時間睡眠をとっている人が、肥満者比率が一番低い傾向です。9時間以上の長時間睡眠は短時間睡眠に次いで肥満者が多いという結果となっています。

また、二度寝も問題です。二度寝をすると代謝された脂質や糖質が燃焼されることなく体に戻ってしまいます。適切な睡眠時間で朝は二度寝することなくしっかり起床しましょう。

適切な睡眠時間で健康的なダイエットを心がけよう

寝ないと痩せる、というのはとても非効率な減らし方であり、不健康なものというだけではなく、結局は肥満に繋がってしまうものです。睡眠不足が続くとダイエット面におけるデメリットだけではなく、さまざまな睡眠障害を引き起こし兼ねず、とても危険です。

適切な時間で質の良い睡眠を取ることはダイエットに有用であるという点に加えて、健康面においても大事なことです。しっかり睡眠をとり、健康的に痩せていきましょう。

また、睡眠時間とともに食生活や飲料もダイエットには大切な要素なのでこちらで紹介されている【2017年版】痩せる飲み物ランキングBEST5!もチェックしてみて下さい。

【病的に痩せる方法】100kg→57kgまで落とした私が語る脅威のダイエット法

病的に痩せる方法知りたくありませんか?運動や食事を減らすだけでいいと思っていませんか?体重を減らすには運動、食事だけでなく日々のメンタルが大事です。体重を100kg→57kgまで落とした私が実践した病的に痩せる方法をこれから教えます。

まず、何をダイエットで実践したか

ダイエットを実践する際に以下の6項目を行いました。

 

  • まずは絶食を行う
  • 絶食後に過食をしない
  • 毎日3L水を飲む
  • 毎日30分の運動を行う
  • 毎日コンニャクを食べる
  • サプリメントを摂取する

まずは絶食を行う

ダイエットを始める際、最初に絶食をしました。絶食を行うメリットは3つあります。腸内環境を整える、ダイエット効果、肌が綺麗になる効果です。絶食によって常に働いている胃や腸を休めることで普段消化に使われているエネルギーが別の臓器の活性化につながり新陳代謝がアップします。これにより肌のターンオーバーや細胞の修復が活発になり美肌へと変わっていきます。

 

私は便秘気味で口周りに吹き出物がよくできていたのですが2日もするとかなり老廃物が出て口周りの吹き出物もなくなりました。絶食の頻度は体重-(身長×身長×22)が8kgを下回るまで絶食を2週間に1回、3日ほど行いました。

絶食後に過食をしない

絶食後は胃が非常に小さくなっています。過食をしてしまうと非常に危険です。また絶食中、塩分をとらないため体内の塩分濃度も変化してしまいます。そのためスポーツドリンクや水1リットルに対して7gを混ぜた塩水を飲むようにしていました。食欲もかなり落ちていたので摂取カロリー1,200kcalを目安にしてお粥やスープなど胃に優しい食べ物を中心に食事をしました。

毎日3L水を飲む

体の60%は水分でできています。体重100kgであれば60kgは水という計算になります。また体重の4%は古くて汚い水へと変換されていきます。最初は体重の4%になるよう4L飲んでいました。

その後体重が減っていくごとに調整しながら最終的には毎日3Lほど水を飲んでいました。

毎日30分の運動を行う

毎日30分以上の運動を行いました。おすすめは筋トレ+有酸素運動の組み合わせです。最初の10分筋トレを行うだけでもその後の有酸素運動でかなり汗をかきます。また脂肪燃焼にはゆっくり走ることが効果的とされているので極力ゆっくりと走るよう心がけました。

毎日コンニャクを食べる

こんにゃくメニューを1食はいれるようにしていました。こんにゃくは食物繊維が多く、水分を多く含むためお腹が張り満腹感が得られやすいので、ダイエット期間中はすごく助かりました。私の場合、トマトスープにブロッコリーとこんにゃくをいれ水溶性と不溶性の食物繊維のバランスを意識した食事にしたので便秘に悩まされることもありませんでした。

サプリメントを摂取する

ダイエットをすると足りない栄養素が出てきます。必須なのはタンパク質、ミネラル、ビタミンB群、ビタミンCです。特にタンパク質は体を作るうえで必須で、筋トレをしてもタンパク質をとらないと筋肉が落ちてしまいリバウンドしやすい体になってしまうので運動後プロテインを飲むようにしました。またビタミンB群・C、ミネラルを食事で補えていなかったのでサプリメントで補いました。

1か月でどんな変化があったか

いつも食欲が止まらず100kgもあった私の体ですが1か月で8kgほど痩せました。8kgも痩せることができてうれしかったのもありましたが体やメンタル面でも変化がありました。

お腹が減らなくなる

不思議とお腹が減らなくなります。以前はお腹がいっぱいじゃないから食べている感覚でしたがお腹が減らないかぎり食べ物を食べなくなりました。

体調が良くなる

確実に体調がよくなりました。運動と食事によって代謝が上がり、普段から手足があったかくなり風邪もひかなくなったように思います。

今まで如何に食べすぎであったかに気づくことができた

ある程度食べなくても大丈夫な体になれたことと、カロリーを日ごろから意識する生活習慣になったことで自制心がより強くなりました。

その後のダイエット方法は?

1か月ほど経過し体がかなり順応してきたのを感じ、カロリー制限をしつつケトジェニックダイエットを行うことでより効果的にやせる方針にしました。

1日1,000kcal制限

極力1日の摂取カロリーは1,000kcalを目安に食事をとるようにしました。鳥のささみや牛のひれ肉など低カロリー・高たんぱく質の食材を選んで食べていました。

炭水化物は極力摂取しない

炭水化物(糖質)は基本的にほとんどとらないケトジェニックダイエットを実践しました。また脂質は亜麻油やココナッツオイルなど体に良い脂質をとるようにしました。

毎日30分の運動は継続

筋力のアップが基礎代謝のアップにつながるので継続して行いました。特に筋肉の60%以上を占める太ももを中心にスクワッドなどで鍛えました。

水のほか、プーアル茶を飲む

食事のときは積極的にプーアル茶を飲むことを心がけました。プーアル茶には「重合型カテキン」が含まれており脂肪の吸収を抑える働きと脂肪を燃焼させる働きがあります。

血糖値を緩やかにし、脂肪を貯めこまない働きをしてくれるので食事の際には積極的に飲むようにしていました。

付き合いで食べてしまった日の翌日は必ず絶食

普段は1,000kcalと計算していても避けては通れないのが付き合いでの外食でした。パスタを食べるだけで1,000kcal近くになるため、これは大きな誤算でした。そのため食べた翌日は必ず絶食をしました。

お腹が空かない状態をキープできているかを一番注意する

お腹が空かない状態をキープするためには食事メニューが重要だと思います。私の場合できるだけスープなどでお腹を満たすようにし、それでも我慢できない場合はガムを噛むなどして口を動かすようにしていました。

1年間ストイックに続けた結果、100kg→57kgに

絶食で始まったダイエットもキレイになりたい一心で1年間ストイックに続けた結果43㎏ものダイエットに成功しましたが、ダイエットはいままで甘えていた自分との闘いでもありました。

リバウンドしない覚悟が一番大事

ダイエットは痩せたらゴールではありません。あくまでスタートラインに立っただけです。リバウンドしないという覚悟とさらに綺麗になってやるというモチベーションがあれば必ず体重をキープすることができると思います。

どれだけ自立してダイエットに挑めるか

つらい時にはつい食べたくなります。私の場合、絶対に痩せてやるという強い気持ちといままでの努力を日記につけたり、目標をクリアした日をカレンダーに書き込んだりして自分の気持ちを奮い立たせていました。

自信もつき、精神的にも体調が良くなった

こんなにつらいことは今後の人生でないかもしれないと思えることを乗り越えたことで、すごく自信がつきました。より外出するようになり、いままで着ることができなかった服も着ることができるようになりファッションを楽しめるようになりました。本当に日々楽しく過ごすことができ精神的にもすごく安定しています。

病的に痩せる方法は自分の覚悟にアリ

病的に痩せようとすることは生半可な覚悟ではできません。絶食は4日もするとかなりのしんどさです。それでもやるという強い覚悟があれば必ず病的に痩せるダイエット方法は成功すると思います。

美しさは自分の信念が作る

私の行った病的に痩せる方法はやりすぎかもしれませんが、簡単に結果が得られるものより苦労して得られた結果をみんな大切にするのではないでしょうか。痩せることは太るよりもはるかに難しいことです。でも痩せた先には体の健康だけじゃなく心の健康、美しさが得られると思います。

 

「美しさは1日にしてならず」

 

美しさは自分の信念が作るのではないでしょうか。

浣腸で痩せるって本当なの?浣腸の効果や豆知識など

浣腸で痩せるってホント?ダイエッターの中でもにわかに人気をみせているという浣腸を使ったダイエット法。ここ数年、ハリウッド女優やセレブの間でも話題になっている「コーヒー浣腸ダイエット」なるものもあるようです。

浣腸に効果ってあるの?

腸の中にある溜まった便を排出させる効果アリ!

浣腸と聞いて形や使用方法・効能について何となくは想像がつきますが、詳しいことは分らないという人が大多数では?この「浣腸」ですが、おしりの肛門部分に直接液体を注入することで腸壁(腸の壁)面を潤わせて滑りやすくし、腸の動きを活発化させて便を出すというものです。もっと簡単に言えば、直接直腸に物理的な刺激を与え腸を動かして排便を促すものです。また腸の壁(腸壁)に潤いが出来ることで便にも水分が入り、排便がスムーズになります。

慢性的な便秘の方などが浣腸を使用することが多いですが、旅先や環境の変化による便秘の際にも使用されます。即効性が高いため時間や場所を問わず使用することが出来ることもメリットのひとつ。直腸を直接刺激することで排便を促す浣腸ですが、効果は約3~10分くらいであらわれます(個人差があり10分経っても効果を感じられない方も中にはいます)。浣腸は小さなお子様からお年寄りまで多くの方が使用でき、便秘の薬を飲めないような方・介護の場・術後の際でも安心して使うことができます。

 

浣腸で痩せるための適切な回数とは

3回以上使うと体が慣れて効果が出ない!?

浣腸に適切な回数があることをご存知ですか?一般的に市販されている浣腸の種類によっては1日2回を上限とするものもあります。基本的な浣腸の頻度は1日1回位にしておきましょう。また1日2回を限度とするもので、一度使用したけど失敗した・まだすっきりしないというなら次の浣腸の使用まで30分から1時間くらい間を空けてからトライしてください。

人によっては個人差もあるため効果を感じられないという方もいますが、むやみに本数を増やすことは絶対にNGです。やたら浣腸を使用することで引き起こす副作用というものもあります。浣腸は直腸に刺激を与えるというものですが、何度も使用することで私たちの身体はこのような刺激にも次第と慣れてしまいます。こうなってくると浣腸なしで自然に排便することが難しくなっていくと言うわけです。自然に腸を動かす力は大切ですので、常用・乱用は止めた方が良いでしょう。

そして「残った浣腸液は次回使えるか?」という疑問をお持ちの方も多いようですが、その答えはNO!です。1回の使用で1個とされますので、残ったとしても浣腸液は容器とともに廃棄してください。

 

浣腸の知っておくべき豆知識!

浣腸をした直後にトイレは禁物!

私たちの生活の中で割と身近な浣腸ですが、より安全により効果的に使用するために知っておきたい豆知識があります。

まず1つ目ですが、浣腸をする前に準備していただきたい「浣腸液を人肌くらいに温める」ことです。一般的に市販される浣腸の説明文には「冷暗所で保存するよう」の一言が入っていると思います。箱から出した浣腸はちょっとヒンヤリした感じがありますね。これを直接このまま腸に入れると、どうなるか?ヒンヤリした液体は腸に与える刺激が強く、腸は萎縮しやすくなります。浣腸液を温めることで腸への急な刺激を防ぐことができ、便意を我慢しやすくなるです。人肌に温める方法としては、お湯を張った洗面器などに浣腸を入れるなどがおススメです。

次に2つ目です。浣腸の即効性についてはお話しした通りです。浣腸を挿してすぐに便意をもよおしてきます。説明書などを見ると3~10分程でとありますが、人によってはすぐに便意を感じる方も。ですが、ここで直ぐにトイレに向かうと浣腸液だけがでてしまい本来の効果が得られません!ではどのくらい我慢していれば良いものなのでしょうか?できれば浣腸液が腸の中に行き渡る時間、3分はトイレを我慢していただきたいと思います。

 

目的別!浣腸の主成分について

一般的な浣腸液はグリセリンを希釈したもの

一般的に市販に出回る浣腸の液体の主な成分はグリセリンです。そしてこのグリセリンは私たちの日常生活に様々な形で関わっています。

①食料添加物として使用される場合

甘味料・保存料・保湿剤・、増粘安定剤等の用途に用いられます。甘味料として用いられる場合、虫歯になりにくいという特性を活かして飴やガムに使用されています。

②医薬品・化粧品として使用される場合

保湿剤・潤滑剤の効果があります。医薬品としては咳止めシロップ・うがい薬、練り歯磨き、化粧品としては石鹸や化粧水・ローションなどに使用されています。

③化学原料として使用される場合

爆薬の成分に用いられることは有名です。

ダイエットや便秘の際に使用される「浣腸」の成分であるグリセリンはというと、直腸を刺激する働きと便に水分を与える働きがあり、排便を促す作用があります。ですが、グリセリンは原液のままで浣腸液に使用すると刺激が強すぎるので、通常の50%くらいに希釈して(薄めて)使用されるということです。

 

浣腸ダイエットはやる価値あり?

体重を落とすというだけなら浣腸ダイエットは即効性があると思いますが、一時的な効果でしかありません。ダイエットは継続が基本ですが、浣腸の使用については限度があります。また浣腸に「慣れ」てしまってはダイエット以前の問題になる危険性もはらんでいます。浣腸の際には一気に排便されてしまうために腸にある善玉菌まで一緒に排除してしまうこともあります。浣腸を使って痩せるダイエットは危険性があるものと覚えていた方が良いでしょう。

吐いて痩せるのは危険??吐くと痩せるは間違いだった

「吐けば痩せるんじゃない?」そんなことを思った事ありませんか?だって食べたことを無かったことにできるから!でも「吐く」ダイエットには大きな危険が潜んでいるんです。知っておくべきその危険性を、私の実体験も交えてお伝えします。

なんで吐くと痩せるの?

もともと体重が100kgあった私は、運動するのがとてもツラかったんです。体は重く、周囲の目も気になりました。そんな時、体調が悪くて食事を吐いてしまうことが数日続いて、体重が減ったんです。食べることをやめずに、しかも運動もせずに痩せられるのなら、こんな楽なことはない!と思ってしまいましたが、後々それが間違いだと思い知ることに・・・。

 

そもそも一度食べたものを吐けば、痩せられるのはなぜでしょう。

吐くことにより、栄養を吐き出しているから

当然と言えば当然ですが、吸収されるはずの栄養素を吐き出しているので、普段より摂取カロリーが減ります。いつもと同じ生活で痩せない人が、摂取カロリーを減らせるのですから、体重も落ちますよね。

吐くと病気になりやすい

でも、吐くことによって深刻な病気になりやすくなっちゃいます。

吐くことにより歯が溶ける!

胃に入ったものを吐きだすとき、一緒に多くの胃液が出てきます。胃液はpH1~2とお酢よりも高い酸性で、その酸が歯のエナメル質やその下の歯そのものを溶かしてしまうのです!ボロボロになった永久歯は「酸蝕歯」と呼ばれる、ちょっとした衝撃でも簡単に折れてしまうような状態になります。そうなったらもう二度ともとには戻りません。

 

お酢に卵を漬けると、なんと数日で殻が溶けてしまうのをご存知でしょうか?それより強い酸を毎日浴びれば、歯だって溶けてしまいますよね。

摂食障害になりやすい

これは私の実体験なのですが、ダイエット中ってずっと「思いっきり食べたい!」という欲求との戦いでした。でも、吐いたら痩せられた経験から、「思いっきり好きなものを食べても、後で吐けばリセットされる」と思ってしまって、異常に食べては吐く「過食嘔吐」を繰り返すようになってしまったんです・・・。

 

でもそのうち、体が拒否反応を示すのか、どんなに苦しくても吐けなくなってしまいました。指を突っ込む刺激に慣れてしまったのかもしれません。その時点で私は嘔吐をやめられたのですが、肌はボロボロ、手には吐きダコという最悪の状態でした。

 

でも、私はやめられただけまだマシ!悪化すれば、もう自分の意志だけではやめられず、何年も過食嘔吐に苦しむ人だって多いんです。

過食嘔吐の危険性

私は治療が必要なほどにはなりませんでしたが、ひどくなったら大変なことになります。

太りやすい体質になる

嘔吐を繰り返すと、逆に太りやすくなってしまいます。その理由は

  • インスリンの影響
  • 体が飢餓状態と勘違いする

この二つが考えられます。

 

過食をすれば血糖値が急激に上がり、その血糖値を下げるためインスリンが大量に分泌されます。そうすると血糖値が一気に下がり、体が「空腹」だと感じてしまうんです。結果、さらなる過食に走りやすくなるんですね。

また、インスリンは「エネルギーを蓄える」という働きがあります。それはイコール「脂肪を蓄える」ということなので、体はどんどん脂肪を付けて行ってしまうんです。お、恐ろしい・・・。

 

更に、常に嘔吐していれば体は本能的に「飢餓状態」だと勘違いし、必死にそれをどうにかしようとしてくれます。そのため、胃に残ったものや新たに摂取したものから最大限に栄養を吸収しようとしてしまうので、太りやすい体質になるんです。

月経不順や無月経を引き起こしやすくなる

嘔吐することで必要な栄養素が摂れず、女性ホルモンのバランスが崩れます。その結果、月経不順や無月経になってしまう女性が多くなります。無月経を放置していると、不妊の原因になったり、閉経したのと同じ状態になって更年期障害や骨粗しょう症など、老化現象も現れる可能性があるとか!

 

美しくなりたくて始めたダイエットが、美と健康を大きく損なってしまうだなんて・・・こんな怖いことはありませんよね。

過食嘔吐の対策

過食嘔吐をするようになってしまったら、まずは自分の精神状態と生活環境を改善させましょう。

腹式呼吸

過食嘔吐が止められない時は、罪悪感や自己嫌悪にさいなまれ、精神的にもかなり参っているでしょう。そんな方は「腹式呼吸」をお試しあれ!

  1. 鼻から息をゆっくり吸う
  2. 吸った息がおなかにたまるイメージを持つ
  3. 3秒間数える
  4. おなかの中の空気を全部出すイメージでゆっくり吐く

このやり方で深~く呼吸すると、交感神経と副交感神経のバランスが整うことでリラックスでき、不安も抑えられるんですよ。

ウォーキングなどの軽い運動

過食嘔吐をするようになると先にも書きましたが、肌は荒れ、吐きダコも目立つようになります。知っている人から見れば「あ、あの人吐いてるな」って一目でバレちゃうことも。そうなると、それまで以上に外に出る機会が減ってしまうことでしょう。でもそれって逆効果!

 

外の新鮮な空気を吸い、景色を眺めながら、無理のない距離からのウォーキングを始めてみて♪筋肉を動かしていることを意識しながら歩くことで、神経系の伝達も改善されますし、筋肉も鍛えられて徐々に心と体のバランスが保たれるようになります。

 

やっぱり体も健康じゃなきゃ、本当の美しさって手に入らないものです。

 

断言!吐いても痩せない!絶対に

吐くことで失われるのは体重ではなく、本当に求めていたはずの美と健康です。しかも、悪化してしまえば決して取り返しがつきません。もし、吐くことがやめられなくなってしまったら、できるだけ早くお医者様に相談してください。

 

覚せい剤で痩せるのはなぜ?恐ろしい副作用とは?

覚せい剤で痩せるって!?そんなソフトな言い回しで、高校生や中学生までもが覚せい剤で逮捕されるなど「ドラッグ」の低年齢化が社会の問題の一つになっています。ですが一度手を出すと最後、その後遺症は想像を絶するもののようです。

覚せい剤を使用すると痩せる理由は?

食欲がなくなる

覚せい剤を使用すると、血液は上昇し汗をかきやすくなり食欲は低下すると言われています。摂取後、俗にいう「多幸感」に溢れ、その後12時間ほどに渡って覚醒状態が続き、多くの人の場合、寝ることも食事をとることもできません。これらを必要としない状態であるともいえます。

また安易に繰り返すうちに中毒になってしまうと、食欲不振からやがて拒食症にと進行し、食べ物も飲み物さえも受け付けないような体へと蝕まれていきます。

覚せい剤の症状は?

気分の高揚

覚せい剤はアンフェタミン系の精神刺激薬というもので、脳から強制的にドーパミンを大量発生させます。この「ドーパミン」はホルモンの調整や快楽に関係するもので、神経を興奮状態にし、快楽・快感又は陶酔感を与えてくれます。これにより気分は高揚し、巷でいう「何でもできるような気分」、万能感を感じると言う訳です。

瞳孔が開く

覚せい剤を使用している人の大きな特徴として、この「瞳孔が開く」が挙げられます。

瞳孔とは瞳の黒い部分のですが、一説によりますと瞳孔が8割程開き目つきも鋭くなります。また瞳孔が開くことで光を強く感じたりまぶしく感じるので、中毒者はサングラスをかけるケースも多くみられます。

幻聴や幻覚を見る

覚せい剤の長年の使用、中毒から幻聴や幻覚を見るということがあります。以前、覚せい剤を取材するうちに自分が嵌ってしまったとう石丸元章さんの書かれたノンフィクション小説、『SPEED スピード』(文春文庫)を読んだことがあるのですが、「常に誰かに見はられているような感覚」や「宇宙から指示?やお告げのようなをテレビから受信する」などのエピソードがありました。とても常人からは考えられませんが、本人は至って真面目に語るなどその精神崩壊は異様です。

食欲が減退する

先ほど述べた通り、典型的な覚せい剤使用時の症状です。これで簡単に一気にダイエットが出来ると、一時期若い女性や学生による使用が問題になったこともありました。

覚せい剤使用中は常時、食欲がない状態であるため体重もどんどん減っていきます。また使用時に摂る食事は無味乾燥で非常にまずく感じるようです。食欲減退から拒食症に繋がったり、その他には十分な栄養が得られず免疫力が低下し細菌感染などに罹り易くなります。

極度の疲労感

疲労回復や元気が出る!が特徴とされる覚せい剤ですが、その効果が切れると極度の疲労感や倦怠感に襲われるというのもセオリーです。覚せい剤の接種によって一時期疲労感はなくなりますが、これは肉体的な疲労がなくなるという意味ではありません。そのため効果が切れると以前にまして疲労感や倦怠感が襲ってき、またその不快感を払拭するために再び覚せい剤を・・・と徐々に常用するようになっていきます。

大量に汗が出る

覚せい剤の副作用として、摂取後、血圧が上昇し発汗が活発になります。体温調節ができず、真冬でも暑がったりします。また覚せい剤使用者の汗ですが尿と合わせて、とても独特な臭いニオイと言われています。

キレやすくなる

覚せい剤の使用により行動だけでなく性格までも変わることも大きな特徴の一つです。感情の起伏が激しくなり突然怒鳴ったり、キレたりするようになります。

挙動不審になる

覚せい剤を使用すると挙動が不審になると言われています。不自然に筋肉が緊張したり、目線が定まらない、突然声を出すなど異常な行動もみられます。また覚せい剤による幻聴・幻視・被害妄想などから更に挙動不審が加速し、警察の職質というパターンも割と耳にする話です。

フラッシュバック

薬物依存からの脱却は非常に難しいとされるのは周知の事実です。この困難さの一つがフラッシュバックです。覚せい剤は僅か2、3ヵ月乱用するだけで精神的におかしくなり、幻覚や幻聴が現れると言われます。その恐ろしさはその後どんなに時間をかけて治療をしても、脳は覚せい剤を忘れることはできません。何かがふいにスイッチとなってリアルな幻覚や幻聴、被害妄想等が襲ってくるというものです。

強力な依存性

覚せい剤は一般的にも依存性の高い薬物といわれます。たった数回の使用で習慣性の依存状態に陥ります。有名人・芸能人の薬物事件でも覚せい剤の再犯は目立ったところであり、私たちもまたかで済ませてますが、その再犯率は約60%と依存性の強さがうかがえます。

覚せい剤の辞め方は?

ダルクに頼る

ダルクをご存知でしょうか?ダルク(DARC)とは薬物依存から回復支援をする薬物依存症リハビリ施設で、全国各地に施設があります。活動内容や回復の為のプログラムは施設によって様々ですが、主にグループセラピーが一日2回程、その他はレクレーションなどがあり「薬物を使わないで生きる!」ことをスタートできる場を提供しています。

覚せい剤に関する人達ときっぱり縁を切る

覚せい剤をやめることは難しいと言えます。それでもやめたい気持ちがあるのならば、まずは覚せい剤に関係する人間関係をきっぱりと清算することです。恋人やパートナーと一緒にしていたのなら辛いですが別れることをおすすめします。当然ですが、覚せい剤が手に入りそうな場所には近づかない、自分の連絡先を変えるなどし、売人からもすっぱりと縁を断つ覚悟をもちましょう。

危険すぎる覚せい剤によるダイエット

覚せい剤を使ったダイエットですが、簡単で一気に出来る反面、一生涯に渡る副作用に付き纏われます。時には自分の健康ばかりではなく大切な人間関係を壊すことも覚せい剤なら容易です。「集中力が上がる」や「簡単に痩せれる」などソフトな言い回しから手にする人がいるようですが、手にしたが最後、止めることも難しく失うものは大きいです。

痩せることはできたけれど・・・できたけど見た目にも不健康でハッピーにみえないダイエットなんて意味がありません!覚せい剤によるダイエットなんて絶対に割に合わないことを覚えておきましょう。